スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) |
基本はポジティブ
はい。今日のお話でございます。
もういつもどおりめっちゃ雑談おんりぃ。+愚痴。
愚痴ってかうじうじ(ぇ)
まーしょーもないブログですからいいや。


Spirits!!の話やねんけどね(でたー)
いっつもマーメイド~無限大をみるの。
でも一番最初はやっぱり∞o'clockにしちゃう。
奇妙な言葉をくりだす~最高だぜー景気のいい言葉は
パーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!
の章たんがめっちゃ好きやねん。
皆さん皆さん愛してくださいーもう可愛いvvv
そのあとのヒナちゃん紹介でね。
「だけど~殴りたいわけじゃないの~」ってあるやん?
あっこで暗くなってるけどさ。
音楽に合わせてからだ動かしてる5人がかわゆすぎv
んで話戻すけどマーメイド~無限大をみるの。
それを繰り返すからなっかなかロマネスクにいけない。
のでまだロマネスク2回しかみてない(笑)
アホほどリピリピしてんのに。。
同じとこばーーーーっかりみてるねん。
錦戸ソロなんて1日1回は見ないと気がすまんよ。
アメちゃんとプリンも1回は見ないと無理。
ここまで見てんのになぜかロマネは2回しか見てない。
大好きなロマネスクなのに。
なんで見ないのロマネスク(ぉぃ)
↑プリンを文字ったつもり。
今日見たら涙ぼろぼろよ。
ヘブンリーから口笛~のあとにMC-3やん?
そっからロマネ終わるまで涙がとまりませんでした。
関ジャニ∞大好き。



書いてなかったかもやからかこっと。
前夜祭ね、30の2部に紫(@忠義)といったの。
もう紫の忠義名義最高におもしろいの(笑)
最初うちら座る席間違っててね。
渚はそこでサンダルからぺたんこのに履き替えててん。
ヒールだいぶあったからしんどいなって思って。
ほんで。
席主さんがやってきはってうちらそそくさとどいたの。
実際は忠義の太鼓の下らへんにいたわけですけど。
STANCEになった途端「あーーーー!!!」って思ってん。
ヒナちゃん並の「あーーーー!!!!」やったわあれ。
あの席にサンダルおいてきたもた・・・・・
なんでSTANCEで思い出したんかは未だになぞやけどね。
MC-1に入ってみんな座りだしたころに紫にいったよ。
さっきの席にサンダル置いてきたって(笑)
え。なんでおいてきたん。って真顔で返されたもん。
ちょこっと懐かしい。
コンが終わった途端間違えてた席にいったよ。
人の流れを逆流したのとか初めてや。
うん。言いたかっただけ。むだじょーほー。


バイト蹴られたー。
あー年明けになりそう。いいや。

何から話そうか。
あのね、この前大学決まったって書いたやん?
22日の夜に数学の先生に電話するっていってたん。
でもSpirits!!とか見てたら夜遅くなって(最悪)
電話しーひんかってん。
だって11時回ってるのに家にかけるってさー
常識範囲内ではできひんかったの。携帯ならまだしも。
23日祝日やったからやめといてん。
24日は先生つかまらずあきらめー
まぁ25に会うから電話できひんくてごめんいおーって
思っててん。思っててんよ!!!!
昨日あの先生教室来たとたんなんて言った思う?


「あんた最低やなー」


は?


ちょっとちょっとちょっとー!って思ってね。
ちゃんと話しようと思ったの。
そしたら「もうええから。聞きたくないし」って言われてん。
授業終わってから先生のところに行ったんね。
「合格したんやったらもうええやん」言われたの。
せやからもういいんやったらいいやー思ってたねん。
渚内ではそんな話はもう終わってたの。
だってあの先生がもうええって言ったから。


今日。
突然授業中にあの先生が言ったの。
先「山●さん。何で先生が怒ってるかいったるわ」
渚「え。もういいって言ってたやん」
先「ううん。その方が山●さんもすっきりするから」
渚「んじゃいえば?」
先「先生はずっと待ってた。あんたが夜遅いから電話
せんかったとかしらん。それだけのことやってん。」
渚「てか昨日先生入って来た途端渚のこと最低いうたよな」
先「は?」
渚「言ったやん。あんた最低やなーって」
先「私そんなんゆーた?」
友「先生いってたで」
先「あーじゃあそんときそう思ったから言ったんかもね
ごめんね」
渚「そうやなくて」
先「もういい。もういい。」
渚「だから話聞いてほしいねんって」
先「もうええやん。ええって。ええねんって」



なんだこの人って思ってむかついてきてさ。
もういいって言ったからなんも考えてなかってん。
自分のことだけ言ってね。こっちの話きかんの。
確かに電話せんかったことは悪かったと思ってるねん。
すべてがアホらしくなってきてさ。
なんでこの先生こんな子供みたいなん?
そこまで言われんなあかんことしたんかな。
って思って授業中泣いてもうてん。
その場に居たくなかったから保健室いったの。
カウンセリングルームで話聞いてもらっててね。
先生にお手紙かきなさい、って言われたん。
昨日書いたのに受け取らんかったよあの人は。
渚の話なんて聞きたくないらしいわ。
渚の言い訳なんて聞きたくないねんて。
授業途中で抜けて来てほんで休み時間も終わりかけたとき。
紫(@忠義)が迎えにきてくれてん。
ごめんな、ほんまに。
言うとこおかしいかもやけどめっちゃ嬉かってん。
あの時紫がきてくれんかったら教室いかんかったかも。
正直ムカつくけど先生に一筆かいた。
それを机上に置いて来ました。
あの先生がそれを読んだとかは知らない。
あんなん読む気もないわ、っていうかもしれへん。
でもな、それならそれでええわ。
「もうええやん」やなかたん?
これ以上あの先生にFAXすることも何もないと思う。
だってさ。
する必要あること全部したもん。
またみんなの前で最低いうなら言えばいいやんか。
ただ。
渚の方が先生より大人やで。
先生みたいにちっちゃい人間やないから。
人に最低って言ったこと忘れへんもん。
てかそんな何も考えんとポンポンいわん。
しらん。あんな人やと思わんかった。
やっぱり高1のときから渚と先生はあわんかった。
それだけのこと。
スポンサーサイト
【2005/11/26 23:07 】
| ∞・NewS | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。